こんなドッグフードは危険!?

さまざまな規定に沿って製造されているドッグフード。愛犬の健康と安全のために、国や民間団体によってガイドラインが設定されています。そんな中でも愛犬のため、出来るだけ良いものを選んであげたいのが飼い主というもの。そこで、あまりおすすめしないドッグフードとはどのようなものかを知っておき、ドッグフード選びに役立てましょう。

炭水化物が多い

トウモロコシなどの炭水化物
トウモロコシあまりおすすめしないドッグフードのひとつとして、炭水化物が異常に多いものが挙げられます。ドッグフードの原料の記載を見ると、一番初めに記載してある原料が一番多く含まれています。一番初めに小麦やトウモロコシなどの穀物が記載されていると、それは炭水化物が多いということになります。犬にとって一番必要な栄養素は動物性たんぱく質です。炭水化物ももちろん必要ですが、それは動物性たんぱく質の数分の一程度で十分なのです。

原材料がなにか分からない

犬にとって一番必要な栄養素は動物性タンパク質です。主に肉や魚、たまごなどに含まれています。おすすめ出来るドッグフードはそれがどのような肉なのか、例えばラム肉や鶏肉などという風に記載されています。あまりおすすめ出来ないドッグフードは、○○ミールや○○副産物、ミートエキスなどという曖昧な表示がされているもの。購入する際はきちんとチェックすることをおすすめします。

添加物

良いドッグフードとされるものにも添加物は入っています。ですが天然のものを使用し、なるべく体への負担を減少させることに気を使っています。あまりおすすめ出来ないドッグフードは天然のものではなく、化学添加物を使用しているものが多くあります。特にBHA(ブチルヒドロキシアニソール )やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)などの酸化防止剤は良く使用されているため、注意が必要かと思われます。

関連記事