ペットフードの安全な活用方法について

さまざまな動物に合ったペットフードが数多く販売されている今、そのペットフードをどのように活用するのか、それにより大切なペットの健康や安全が守られます。ペットフードを安全に使用するにはどうすれば良いのでしょうか。

目的別に使い分ける

ペットフードには実は色々な種類があります。目的別に分かれており、自分が希望する目的に合ったペットフードを選ぶようにしましょう。通常ペットフードと言われているものは総合栄養食であり、食事のことです。この総合栄養食に水分をプラスすることで、ほとんどの栄養を摂取することが出来ます。それ以外におやつである間食と、足りない栄養素などを補給する目的食があります。これらを使い分けることによって、ペットの健康維持につながります。

与えたフードが合っているのか観察を忘れない

検診中の犬

大切なペットを日々しっかりと観察しましょう。その状態によっては、ペットフードを変更する必要があるかもしれません。食いつき具合、排便の様子、毛並み、皮膚の状態、体重の変化など、トラブルが見受けられる場合は要チェックです。ペットフードにはダイエット用やアレルギー用など、用途別に作られたものもあります。

ペットも人間と同じく、食べたいだけ食べると肥満になるし生活習慣病にもなります。そのため、ペットフードを安全に活用するためには与える量や回数にも気を配らなければなりません。ペットの年齢や犬種、運動量などによっても、与える量は変わってきます。育ちざかりのペットには1日3~4回、大人になったら1日1~2回に変更するなど、細かく調整してあげてください。

関連記事