ドッグフードジプシーから卒業しよう

愛犬に与えるドッグフードが固定されていない、次々とドッグフードを変えていくドッグフードジプシーな飼い主さんが増加しているといいます。

それはある意味、愛犬への深い愛ゆえのことですが、この状態から抜け出したいという場合、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

3種類のドッグフード

ドッグフードジプシーとは

ドッグフードジプシーとは、別名ドッグフード難民とも呼ばれる、愛犬に与えるドッグフードをコロコロと変えてしまい、与えるドッグフードがいつまでたっても定まらないことをいいます。このドッグフードジプシーが増えているそうです。

なぜ、ドッグフードジプシーになってしまうのか、それは、飼い主さんの愛犬への深い愛情のためであることが多いのです。

愛犬に合うドッグフードはなんなのか、もっとぴったりのドッグフードがあるのではないかと、愛犬のために一生懸命になっている飼い主さんだだからこそ、ドッグフードジプシー状態が続くと、ほとほと疲れ果ててしまうのです。

ドッグフードジプシーを卒業するためには

ドッグフードジプシーを卒業したいという人におすすめの方法は2つあります。

  • 愛犬の状態を見極め、ドッグフードを定着させる方法
  • フードローテーションによってアレルギー予防を兼ねる方法
愛犬の状態を見極め選定する場合

フードを与えた際の愛犬の状態を観察し見極める方法です。

  • 食いつきの良しあし
  • 下痢や嘔吐がないか
  • 皮膚が赤くなるなどのアレルギー症状は出ていないか
  • 涙やけの症状や口臭、体臭がきつくなっていないか

このような症状が出ていない場合、様子を見ながらドッグフードを与えるといいでしょう。


フードローテーションを活用する場合

フードローテーションは、同じ原料ばかり与えアレルギー症状を進行させてしまうのを防ぐため、決まった日数ごとにフードを変えていく方法です。

アレルギーが心配な愛犬には有効ですが、常に数種類のフードを用意しておく必要があるため、飼い主さんの負担もあります。

  1. フード1を約2週間から1ヶ月与える
  2. フード2をフード1に半分混ぜ2週間与える
  3. フード2に完全に移行する

その後は、フード3でも同じように繰り返していきます。アレルギーが心配な愛犬にはおすすめの方法です。


関連記事