ドッグフードにもある訳あり商品

形がまっすぐに伸びていないため安く販売されている野菜を見た事はありませんか?味は変わらないのに形が曲がっているからという理由で低下する価格。ドッグフードにもそのパターンが存在します。そのようなドッグフードを見つければ品質は変わらないまま安く購入することが出来ます。

訳ありなんで内緒

パッケージに傷のある商品を狙う!

訳アリドッグフードのひとつにパッケージのトラブルがあります。ドッグフードはタイプによって箱入りだったり袋入りだったり、ウエットタイプだと缶やパウチ入りだったりさまざまですが、それらのパッケージに傷があったり破れていたり、缶がへこんでいる場合があります。そのようなドッグフードは安く販売されていることが多いです。もちろん中身は通常販売されているドッグフードを変わりありませんから、お得に購入することが出来ます。

リニューアル商品を狙う!

訳アリドッグフードの狙い目として、リニューアル商品の購入があります。例えばスキンケア商品など、少し後に改良商品の発売が決定している時に現商品を割引価格で販売することがありますね。それと同じような販売方法で、後に改良ドッグフード、またはパッケージのリニューアル版が発売されるため、現ドッグフードが安くなるパターンです。

ネットショップなどでは、リニューアル前のセール商品としてピンポイントで販売されている場合もあるのでチェックしましょう。

消費期限が近くなった商品を狙う!

スーパーに行くと賞味期限が近くなった商品が数十%割引で販売されている場合があります。この場合もそれと同じで、消費期限が近くなった商品を格安で販売します。消費期限が近いといってもまだまだ消費期限内の商品であり、消費期限が比較的短いと言われる無添加ドッグフードでも、開封済で約1ヶ月、未開封であれば約3ヶ月ほど品質が保たれるものが多いため、安全面に関して心配することはないと考えます。

関連記事